ボランティアについて

ボランティアセンターとは

ボランティア活動に関心がある・参加してみたい・手伝ってほしい人たちの相談窓口として、様々な情報を集めて、みなさんのボランティア活動を応援します。

  • ・ボランティアをしたい
  • ・ボランティアに手伝ってほしい
  • ・講座・助成金などの情報を知りたい
  • ・ボランティア保険に加入したい
  • ・福祉教育について相談したい

こんな時は、ぜひ中央区ボランティア・市民活動センターまでご相談ください。ボランティアコーディネーターがお待ちしています。 中央区ボランティア・市民活動センターは2か所あります。お近くのセンターへお問い合わせください。

古町ボランティア・市民活動センター
Tel 025-210-8730 Fax 025-210-8722
〒951-8062 新潟市中央区西堀前通6-909 Co-C.G.3階

万代ボランティア・市民活動センター
Tel 025-243-4379 Fax 025-248-7180
〒950-0909 新潟市中央区八千代1-3-1 新潟市総合福祉会館1階

ボランティア募集

ボランティアを募集したい施設・団体等のみなさまは、下記のフォームから募集情報をお送りください。内容を確認後、当ホームページのボランティア募集ページに掲載させていただきます。

ボランティア登録

中央区内でボランティア活動を行っている個人・グループの登録を受け付けています。ご登録いただいた方には、ご希望の活動依頼があったときに活動の紹介をしたり、「ボラまち」等のボランティア情報をお届けします。
ボランティア登録をして中央区ボラセンとつながりませんか?

ボランティア保険

ボランティア保険には、ボランティア自身が加入し、ボランティア活動中の様々な事故によるボランティア活動者の傷害や賠償責任について補償する「ボランティア活動保険」と、ボランティア活動に関わる行事で主催者の責任について補償する「ボランティア行事用保険」があります。

ボランティア・市民活動センターでは、万一の事故に備えて安心してボランティア活動に取り組んでいただけるよう、この保険の加入を勧めています。
その他に「福祉サービス総合補償」「送迎サービス補償」の受付もしています。
詳細は「ふくしの保険」ホームページをご覧ください。

元気力アップ・サポーター制度

65歳以上の方の社会参加のきっかけづくりと介護予防を目的とした事業です。
高齢者施設等でサポート活動を行うことでポイントが交付され、翌年度に最大5,000円の交付金を受け取ることができます。

対象者
新潟市内に住所のある65歳以上の方で、登録説明会を受講された方
活動場所
特別養護老人ホーム、デイサービス、グループホームなどの高齢者施設、障がい者支援施設、保育園、公民館、図書館、病院など
活動内容
お茶出しや食堂内の配膳・下膳の補助、レクリエーション指導・補助、施設行事の手伝い・芸能披露、話し相手など
ポイント付与の基準
30分以上2時間未満:1ポイント(100円)
2時間以上:2ポイント(200円)

サポーター活動をするためには、登録説明会に参加し、サポーター登録をする必要があります。登録説明会は市内各区で毎月開催されています。日程は新潟市社会福祉協議会ホームページよりご確認ください。

ボランティア講座

ボランティア活動について学びたい人、活動している人に向けて、中央区ボランティア・市民活動センターが各種ボランティア講座や研修会を開催しています。
詳細はホームページやボランティア情報誌「ボラまち」等でお知らせします。

災害ボランティアセンター

災害が起こった時、被災者がボランティアの力を借りて一日でも早く安心した生活を取り戻されることを目的に、災害ボランティアセンターが設置されます。「ボランティアの力を借りたい」という被災者の思いと、「被災者の力になりたい」というボランティアの思いをつなぎ、被災地の社会福祉協議会が開設します。

災害ボランティアセンターでは、地域団体等と一緒に被災地の元気づくりにつながる手助けをしたり、地域住民や関係機関と協力しながら被災状況や被害状況についての情報収集を行います。

新潟市社会福祉協議会では、災害時にボランティア活動をしてくださる方を常時募集中です。詳細は新潟市社会福祉協議会ホームページをご覧ください。

福祉を学ぶ(福祉教育・出前講座)

児童・生徒を対象とした「総合的な学習(福祉分野)」や、企業の社会貢献活動への取り組み、地域やボランティア・市民団体に向けた講座などの相談、支援に応じ、福祉の心が広がるよう協力、援助を行います。

中央区社協では、福祉教育の一環として、学校で行われる総合学習など、福祉に関する学習へのお手伝いをしています。この福祉教育とは、“自分の暮らしている地域や生活の中での課題に対応し、安心して暮らすことができる地域にしていくためには、どのようにしていったらよいのかを自分たちで考えること”です。児童に福祉への理解と関心をもってもらうことで、児童から家庭、そして家庭から地域へ広がっていくよう、きっかけづくりを行っています。

ボランティア情報誌

ボランティア情報誌「ボラまち」を発行し、ボランティア活動に関する情報の提供を行っています。各種様式資料ダウンロードから閲覧できます。